06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les égouts de Paris

ずばり「パリ下水道美術館
美術?!とは言い難いけど、れっきとした資料館や。
たまたま誘われて行ってみた。
Visite des égouts de Paris チケ売場&入口
アルマ橋のたもと。
コレが入口?ってな地味な小屋から階段で地下へ。4,30E。
なんせまんま下水道施設を公開してるんで、ある意味‘趣’深い(^_^;)
でも予想より見学者多くて驚いた。たまたまかいな?

大小の水道管や電気ケーブルが張り巡らされてる実際のトンネル内を
生下水を横目にパネルや模型を観察。。。
下水、浪浪と 下水路の真上に展示物
パリの水がどこから来てどこへ行くのか、
分かりやすく丁寧に説明されてて面白かった。
またローマ時代から、パリの都市開発と共に
下水道がどのように発達してきたか、、、めっちゃ興味深い。
しかしじっくり展示を鑑賞するにはいささか忍耐が・・・(=_=)
英・仏語で解説が書いてあるんやけど、
あまりの下水臭のせいで読む集中力がもたーん。

見学終わりにパリ水道局オリジナルグッズショップあり。
記念に「パリの水・カラフ」購入。12E。
La carafe EAU DE PARIS 水玉にパリ名所が
水玉部分にエッフェル塔やら凱旋門やら散りばめられとって
なかなかオシャレー♪ヽ(^o^)丿
他にも同じカタチでいろんな柄があった。
かなりマニアックなお土産?
スポンサーサイト

下水道美術館確かに観光でパリに行っても絶対行かないよね

住んでいるからこそ行けるところたくさん楽しんで下さいね

お会いした時にいろいろなお話が聞けるのを楽しみにしていますv-7

>もっちゃんさん
「下水道美術館」ひそかに仏文学系の方に有名とか。ヴィクトル・ユゴーの「レミゼラブル」にパリの地下水道が舞台になるシーンがあるとか…。

今回もお会いできるの楽しみにしてます。
Secret

プロフィール

しぇりぃ

Author:しぇりぃ
最近、登山を始めました。
まずは低いところからぼちぼちと、です・・・。

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。